「なかまの里」へのお問い合わせはお気軽に TEL.072-453-7545 FAX.072-453-7532
TOP 法人 なかまの里 あすくの里 あいらぶ工房 ほくほく
障害者支援施設 なかまの里
なかまの里のご案内
施設概要
施設へのアクセス
入所のご案内
ショートステイ
グループホーム やすらぎ
日常の様子
作業物品カタログ
ショッピングガイド
求人情報
「なかまの里」商品カタログ
WHAT'S NEW
年間行事
「ボランティア」の募集情報
 
なかまの里のご案内
なかまの里は、聴覚障害者を中心に、手話関係者、ろう学校の父母と先生、重複聴覚障害者を持つ家族などの共同の運動によってつくられた施設です。コミュニケ−ションと集団の保障を土台に『豊かな暮らしと生きがい』をめざしています。 9年間におよぶ施設建設運動の結果、大阪府議会での請願の採決、府の実態調査の実施、3億2千万円を超す募金と寄付によって平成6年4月に「重度身体障害者授産施設」が実現しました。 そして、平成15年4月には、なかまの重度・重複化そして高齢化への対応と待機者の解消の為、「身体障害者療護施設」が開所。
平成27年6月1日現在は、「生活介護」「施設入所支援」「短期入所」「共同生活援助」「相談支援」の各事業を行っています。
このページのトップへ
なかまの里が目指すもの
1. 施設の主人公はなかま(利用者)。生き生きとした豊かな暮らしと労働を保障し、
  豊かな発達と生きがい、自律・自律と社会参加をめざします。
2. コミュニケ−ション(手話や身振りなど)の共有・保障と、聴覚障害者集団の
  保障のなかで、一人ひとりの豊かな発達をめざします。
3. なかまの人権を尊重し、一人ひとりの主体性、自主性を重視した支援を行います。
4. 地域に根ざした、地域の人々・市民と共に歩む施設をめざします。
5. 障害者とその家族、関係者の願いに応える施設運営をめざします。
6. 府下の重複聴覚障害者の福祉向上のためのネットワ−クづくりをすすめます。
このページのトップへ
施設紹介〜工夫した設備
なかまの里では工夫と充実した設備にて、皆様に快適な生活を送って頂けるように心がけております。
1. まわりの自然環境を生かして、“太陽と緑と風”を十分に取り入れ、明るさと家庭的な雰囲気のある施設をめざしました。
2. 生活の場と仕事の場を切り離し、気持ちの切りかえができる配置としました。
3. なかまの集団づくりと小集団での活動がおこなえるように、5〜6つの居室ごとにミ−ティングフロア−を設けています。
4. 12室のすべては個室で、室内に洗面所を設けています。また、2階にはミニキッチンを設置した“たまり場”を設けています。
5. 聴覚障害者のための設備として、パトライト、非常用フラッシュランプとバイブレ−タ−等を設置しています。
6. リハビリ用の機能訓練室を設置。また、車イスで全施設が利用できるよう段差をなくし、エレベ−タ−、車イス用の特殊浴槽とトイレなどを設置しています。
7. 業務用の洗濯機と乾燥機、布団乾燥機を設置しています。
8. 家族のための宿泊室(生活棟1階)と約12人宿泊できる和室(作業棟2階)を設けています。
photo photo photo
居室の概要
■2人部屋:25室(和室:洋室) ■個室:10室 ■ショートステイ用個室:4室

冷暖房完備・各部屋押入れあり
※利用者からの希望、居室の空き状況によって居室を決定します。
また、利用者の心身の状況により居室を変更する場合があります。
その際には利用者やご家族と相談の上、決定させていただきます。
このページのトップへ
主な共用設備
設備図
このページのトップへ
〈グループホーム「やすらぎ」に関するお問い合わせは「なかまの里」へお願いします。〉
〒590-0441 大阪府泉南郡熊取町大字久保2329 TEL 072-453-7545 FAX 072-453-7532
TOP |  法人 |  なかまの里 |  あすくの里 |  あいらぶ工房 |  WHAT'S NEW |  ボランティア |  求人情報 |  年間行事|  プライバシーポリシー